保守点検業者の役割

保守点検業者の役割お施主様と保守点検業務の委託契約を結び、浄化槽の点検・調整・補修や消毒剤の補充などを行い

ます。点検後、保守点検記録をお施主様にお渡しします。また、修理や部品交換などの必要があれば詳しく説明して対処し

ます。清掃業者お施主様(又は保守点検業者)からの連絡で、年1回以上の浄化槽の清掃を行います。保守点検及び清掃

の記録は、3年間の保管が必要です。


お施主様の浄化槽のご使用方法の留意点  臭気、振動、騒音など気になる時は当社にご相談ください。

         
ブロワーの電源は切らないでください

浄化槽は微生物の働きで水をきれいにしています。そのため、いつも空気を送り込んでいなければなりません。旅行などで留守にする際もブロワーの電源は切らないでください。
 トイレや風呂場の掃除に塩素系洗剤は使わないでください

カビ取りなどに使われている塩素は消毒剤としての役割もあるため、浄化槽内の微生物を殺してしまいます。市販の「浄化槽可能」と記載されたものを使用してください。
また、お風呂でやむを得ずカビ取り剤を使用した場合は浴槽の残り湯やシャワーなど大量の水で洗い流して希釈してください。
 野菜くずや油脂などを流さないようにしてください

調理の時に出る野菜くず、食べ残しなどの固形物や天ぷら油は可燃ゴミとして別処理して浄化槽へ流さないでください。
 専用のトイレットペーパーを使用してください

トイレットペーパー(溶解性)以外のものは流さないでください。衛生用品、紙オムツなどは別途廃棄処分してください。
 洗剤は適量をご使用ください

食器洗い、洗濯などで使う洗剤は適量をお使いください。また、洗剤は無リン洗剤をご利用ください。リンは水環境を悪化させる原因物質の一つです。

浄化槽のしくみ



保守点検は有資格者(専門業者・株式会社日本住設サービス)が行います    
                 
                     


    浄化槽の保守点検業者と委託契約を結んでください。


         
 悪臭や害虫をチェックします

浄化槽周辺の悪臭の有無や臭いの強さを確認したり、槽内のハエや蚊などの害虫の発生をチェックします。
 騒音・振動の確認

ブロワや浄化槽からの異常音や振動などの有無、エアフィルターの掃除、消耗部品の交換などを行います。
 水質検査

残留塩素や臭気、色相、DO,温度、水温、PH、透視度などを調べます。
 汚泥測定と槽内洗浄

槽内をきれいに洗浄します。浄化槽の底部に貯まった汚泥の量を確認し、清掃時期を判断します。必要であれば汚泥引き抜き(清掃)の手配をします。
(清掃業者は市町村長の許可業者)
 装置の点検

消毒薬の補充やブロワ、槽内の配管、水の流れと量、空気の流れなど正常に機能しているか確認・調整します。

トップページ
このページは、「フジクリーン工業株式会社」の資料を参考にしました。